宇宙は両目で見るのが一番

天体観測の醍醐味は、勿論、惑星観測もありますが、素晴らしい空での天の川下りにあります。白鳥座からいて座にかけての天の川、空が暗く、透明度がよければ、すばらしい眺めです。親子三人車を降りての第1声は、「 わ~!! 」 雲の様な、しかし濃淡があり、薄っすらと赤みを帯びた、子供にとっては見たことない雲でした。双眼鏡を手に、白鳥座からいて座にかけての天の川を散歩すると、星の大きさが異なるのに気がつきます。白鳥付近 グラニュ-糖の様な荒い粒の星が視野一杯、双眼鏡を南に向けていて座付近は星が粉の様に輝いてます。ガスかな?と一瞬思いますが、じっくり観測すると無数の星の集まりで、粉の様にみえます。 

「Affinity Photo」を導入してみました。(その3)

  カニ星雲の本体と背景を分けました。かに星雲
  またまた、かに星雲の爆発膨張の様子を動画にしてみました。
 皆さんも想像を膨らませてみてください。
  分離した本体を縮小変形して動画に変化をつけてみました。
 モーフィングの技術も身近になってます。
      面白い! 
  

「Affinity Photo」を導入してみました。(その2)

 「キャッツアイ」星雲本体と背景を分けてみました。
区分
  これで何をするか? 爆発膨張する様子を動画にしてみました。
 しばし、惑星状星雲の爆発の動画を作っていこうと思います。 
  3DCGと動画編集の勉強です。動画は以下です。
 ちょと不自然ですがご勘弁願います。

    

「Affinity Photo」を導入してみました。

  「PhotoShop」が使えなくなり代わりを探していました。
AFIRUEITO
 
 Win95から「PhotoShop」を使っていましたが、WinXpで最後と
なり、以後使えなくなりました。フリ-の画像処理ソフトで探しましたが
イマイチで、買取でお安い「Affinity Photo」を導入してみました。
 趣味で月々支払うのもね~。
「PhotoShop」に近いですね。プロユースの仕様となってます。
使えます。
   あれ? 比較明、比較暗がない・・・困った。
 もうちょと使ってみます。
 3DCGの統合ソフトの「blender」はフリ-のソフトですが、すごい速度で
開発されてます。利用者の寄付もあるのでしょうね。私も寄付しよう!
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ