宇宙は両目で見るのが一番

天体観測の醍醐味は、勿論、惑星観測もありますが、素晴らしい空での天の川下りにあります。白鳥座からいて座にかけての天の川、空が暗く、透明度がよければ、すばらしい眺めです。親子三人車を降りての第1声は、「 わ~!! 」 雲の様な、しかし濃淡があり、薄っすらと赤みを帯びた、子供にとっては見たことない雲でした。双眼鏡を手に、白鳥座からいて座にかけての天の川を散歩すると、星の大きさが異なるのに気がつきます。白鳥付近 グラニュ-糖の様な荒い粒の星が視野一杯、双眼鏡を南に向けていて座付近は星が粉の様に輝いてます。ガスかな?と一瞬思いますが、じっくり観測すると無数の星の集まりで、粉の様にみえます。 

双眼装置用のレデュ-サ-(2種類)シュミカセ用です。 

 もうちょと良いレンズを探します。
IMG_2023

 レンズは4cmのアクロマ-トレンズ 2種類、500mmと220mmです。
シュミカセでも220mmは今までピンとが出てませんでしたが、挿入方法
を変えピントが出る様になりました。しかし、明るくなりすぎて副鏡の
中央遮蔽が目障りになる様になりました。やはり500mmが正解な様です。

 でも、もうちょと程度の良いアクロマ-トレンズを探そうと思います。
 40年近い前のおもちゃの望遠鏡のレンズです。
 それと、取り付け方法の見直しです。少しでも広い視野を確保出来る様
にする必要があります。手元で視野を絞る事にならない様にします。

  
 背景は、学生の頃からの望遠鏡製作のバイブルです。
この本のお陰で、主鏡に穴をあけてしまいました。・・・
 

双眼装置のレデュ-サ-レンズのセルを3Dプリンタ-出力しました。

 改めて3Dプリンタ-で作り直してます。
redeyusa-
  今まで、テ-プで仮止めしてそのままでした。
 改めて、3Dプリンタ-で作り直してます。でも・・・これ失敗作です。
 肉厚が厚すぎて双眼装置に入りませんでした、肉厚を3mmから2mmに
 変えて改めて出力します。

  ・一度目、正規の寸法で出力、当然 樹脂の幅の分小さくなり没!レンズが収
   まりませんでした。
  ・二度目、樹脂の厚みを考慮、レンズは入りましたが、肉厚を取り過ぎて
   双眼装置に入らず。
 これから3度目の出力を行います。

IMG_2005
 
   収まりました。
   改めて3Dプリンタ-はとても使えます。
  電化製品の修理、家具の修理、自転車の修理、当然、望遠鏡の部品作り。
 乾燥空気システムはとても良い物が出来ました。

  まだ、PLAしか使ってませんが、これから PETG、ABSにチャレンジ
 する予定です。

    

 


 

3画面使ってみました。今後これが普通になりそう!

 2画面でも作業が楽ですが、3画面にしてみました。
3画面使ってみました。
 2画面は資料を見ながら作業が出来ますのでかなり効率的になります。
液晶テレビも仲間に入れてみました。
 よくよく見ると、テレビとモニタ-の違いが判らない。
 アナログ接続の時は使えないと思いましたが、HDMI接続にすると
とても綺麗に出力されてます。画素数が有効に使われている感じです。
 ただ、40インチの画面は1m以内は画素が目立ちます。
 32インチの4kを追加して3画面が良さそうです。

今後、3画面向けに机の上の掃除と整理、配置を変える必要があります。

 改めて、コロナで色々発見がありました。自宅でも十分仕事が出来る
事で、働き方が100%変わりますね。
 
 
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ