宇宙は両目で見るのが一番

天体観測の醍醐味は、勿論、惑星観測もありますが、素晴らしい空での天の川下りにあります。白鳥座からいて座にかけての天の川、空が暗く、透明度がよければ、すばらしい眺めです。親子三人車を降りての第1声は、「 わ~!! 」 雲の様な、しかし濃淡があり、薄っすらと赤みを帯びた、子供にとっては見たことない雲でした。双眼鏡を手に、白鳥座からいて座にかけての天の川を散歩すると、星の大きさが異なるのに気がつきます。白鳥付近 グラニュ-糖の様な荒い粒の星が視野一杯、双眼鏡を南に向けていて座付近は星が粉の様に輝いてます。ガスかな?と一瞬思いますが、じっくり観測すると無数の星の集まりで、粉の様にみえます。 

反射望遠鏡

イメージ 1

イメージ 2

 15センチ反射の研磨後、学生時代の最後には、10センチのカセグレンを手がけかけました。
練習用で、ガイド鏡として考えてましたので精度は??副鏡は未完のまま行方不明になってしまいました。
 真鍮の36.4mmのアダプタ-をドリルの刃の代わりに回転させ、回転数を落として、穴をあけました。

すばる

イメージ 1

 学生時代に撮影した「すばる」です。すこしづつ撮影機材もデジタル化したいとおもいます。
とりあえず古い写真でご勘弁を!

自作モ-タ-ドライブ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 26年前に製作した、自作水晶発信モ-タ-ドライブです。今でも十分に機能を果たしてます。
ま、自作なので、壊れても心配はありません。
 そうそう大きな問題がありました。振動です。マイクロステップに変える必要があります。
惑星観測時に、微細構造が振動で確認出来なくなります。最近は安いチップが出てますので、双眼
装置が落ち着けば改良したいと思ってます。
 あと自動ガイドが出来る様に改造したいと思ってます。ほどんど作り直しになりますね。

 追 信
 電源を12Vから7.2V(ラジコンバッテリ-)に変更しました。ステップ振動が少なくなり
分りずらくなりました。当面これで対応する予定です。   

 
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ