風が強く双眼鏡で楽しみました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

    5月の連休は月が大きく行けませんでしたので、梅雨前の最後のチャンスと
   思い、GPVの画像を信じ大台へ向かいました。
    19時頃到着、晴れ間も見え月も綺麗に見えてました。
   機材を出そうと思いましたが、気温5°、車が揺れる位の風で、車内から双眼鏡
   での観望にとどめました。

    おとめ座のスピカが南中した頃、地平線沿いを探ります。見えました「オメガ星団」
   その後、雲が出てきて、月没まで仮眠、目が覚めると天の川が昇ってきてました。
    
    改めて、180°近く帯状の雲?が空を覆ってます。銀河系にいる事が体感できます。
   濃淡があり、太さが異なり、暗黒体も判ります。
    そんな中、双眼鏡で見る散開星団が美しい「M7」「M6」、南斗六星から「M22」
  「M8」、「M20」、「M17」、「M16」のメジャ-どころを巡りました。
    天の川の細かな星々を背景に見応えがあります。
 
    風が強すぎて撮影は諦めましたがとりあえず豪快な天の川を見て満足できました。
     
    これからはあまり無理をしない天体観測をこころがけたいと思います。
 
    帰り道、正面に見える大峰山系の山々が豪快でした。
     やはり改造カメラで色がちょと変ですね。