宇宙は両目で見るのが一番

天体観測の醍醐味は、勿論、惑星観測もありますが、素晴らしい空での天の川下りにあります。白鳥座からいて座にかけての天の川、空が暗く、透明度がよければ、すばらしい眺めです。親子三人車を降りての第1声は、「 わ~!! 」 雲の様な、しかし濃淡があり、薄っすらと赤みを帯びた、子供にとっては見たことない雲でした。双眼鏡を手に、白鳥座からいて座にかけての天の川を散歩すると、星の大きさが異なるのに気がつきます。白鳥付近 グラニュ-糖の様な荒い粒の星が視野一杯、双眼鏡を南に向けていて座付近は星が粉の様に輝いてます。ガスかな?と一瞬思いますが、じっくり観測すると無数の星の集まりで、粉の様にみえます。 

・その他諸々・・

精度の高い物が欲しくなってます。安価な物は再現性が無い。

 完全な自動操縦が出来ない・・・
再現性
 ほぼ毎日、FS2020を楽しんでます。一時はラダ-ペダルが欲しく
なりましたが、最近は別の物欲が、それはコントロ-ラ-の精度不足です。
 センタ-が出ない、ガタが大きいのです。自動操縦は機体の微妙なコン
トロ-ルを自動で行いますが、コントロ-ラ-の精度が悪く微妙なコント
ロ-ルを超えているのです。
 使っているとコントロ-ラ-自体はプラスチックで消耗品的な要素が大
きくガタが大きくなるのは仕方ないのですが、再現性のある精度の高い物
が欲しくなってきました。
 この辺を求めると、金額の桁が変わってきます。
 最優先は、グラボの交換RTX3070クラスの導入、VRゴ-グル、その次
にラダ-ペダルと思ってましたが、精度の良いコントロ-ラ-が優先の様です。

 FS2020は奥が深く泥沼に嵌りそうです。アップデートの度に魅力が増して
ます。巣ごもり生活ですが、飽きませんね! 
 でも来月は生の星空を見に山に向かいたいものです。

x56
 これが良さそうです。 老後はこれで楽しみます。

 

愛車WISH、20万キロ超えると予想しない壊れ方でした。

 出雲大社に行った帰りに壊れた様です。廃車覚悟でしたが、
車修理

 エンジン内のハーネス(配線)が痛み、ショ-トしたみたいです。
ヒュ-ズがとび、エンジン停止となりました。
 いつまでこの車乗るの?とよく聞かれますが、30万キロがエン
ジンのトヨタタイマ-らしく30万キロを目指そうと思います。
 廃車覚悟でしたが、島根から帰ってきました。丈夫です。

 電気系統は序の口ですよね?

 天体観測後は電気毛布で熟睡の後、遠征地の山の上で朝を迎え
ます。ウイッシュ君は後席がフルフラットになりベッドになります。
 いつまで山の上に運んでくれるのでしょうか? 
 
 
 

最近、ライブに行ってませんのでオンラインで楽しんでます。

 この店の雰囲気良いですね。最近生歌を聴いてません。そろそろ
天体観測と一緒で生☆、生歌を楽しみたくなってきました。


   ライブハウスもネット配信している店も多くなりましたが、やはり生音が
いいですね。
 大阪にもライブハウスが多くありますので、コロナ明けには徘徊したいと
思います。 
 もちろん望遠鏡をかついで山にも上がりたいと思います。
 
   
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ