宇宙は両目で見るのが一番

天体観測の醍醐味は、勿論、惑星観測もありますが、素晴らしい空での天の川下りにあります。白鳥座からいて座にかけての天の川、空が暗く、透明度がよければ、すばらしい眺めです。親子三人車を降りての第1声は、「 わ~!! 」 雲の様な、しかし濃淡があり、薄っすらと赤みを帯びた、子供にとっては見たことない雲でした。双眼鏡を手に、白鳥座からいて座にかけての天の川を散歩すると、星の大きさが異なるのに気がつきます。白鳥付近 グラニュ-糖の様な荒い粒の星が視野一杯、双眼鏡を南に向けていて座付近は星が粉の様に輝いてます。ガスかな?と一瞬思いますが、じっくり観測すると無数の星の集まりで、粉の様にみえます。 

☆オリオン大星雲は赤かった☆

オリオン大星雲(M42)は赤かった。(その3)

イメージ 1

 昨晩は寒かったですが、非常に透明度が良く、2時間ほど観望してました。KenkoのHFグラスは、視

野は暗くなりますが、今のところ目だった効果は感じられませんでした。

 M42をR64とR1で比べてみましたが、R64では真っ黒でしたが、R1ではM42は真っ赤に

見えました。・・・とゆうことは、光が弱くて赤く見えない理由では無いみたいです。

 直接見た感じでは、広がった羽の外周は、赤っぽく感じます。中心部は薄い緑が正解なのかもしれませ

ん。 毎年眺めてますが、見飽きない対象ですね。 写真はR1フィルタ-を透して見たM42のイメ-ジ

です。

オリオン大星雲(M42)は赤かった。(その2)

イメージ 1

 色を認識するには、単位面積あたりの光量を増やす必要があり

当然、双眼装置(0.5×2)は不利で、双眼望遠鏡(1×2)は有利です。

 わたしの場合、色が判断できる境界は、やはり瞳径7mm前後で、以下の結果

となりました。

   ・ファインダ- 7×50       瞳径 7.1mm  赤色を確認
   ・ニコン双眼鏡 7×50       瞳径 7.1mm  赤色を確認
   ・ETX-70AT 14×70    瞳径 5.0mm  識別不可
   ・C11   40×280      瞳径 7.0mm  赤色を確認
   ・C11   61×280(双眼装置)瞳径 4.5mm  識別不可
     (色はダメですが、微細な構造は単眼よりよくわかります。) 

    *写真は松本龍郎氏のホームページより

オリオン大星雲(M42)は赤かった。

イメージ 1

 シュミカセ(C11)+ジャイアントイ-ジ-ガイダ-+正立プリズム+32mm接眼レンズ

の組み合わせで、トラベジウムの色と明らかに違うガスの色が確認できました。

白に近い緑でもなく、赤っぽいですね、中心部はトラベジウムの影響で色が変化してる

様に見えます。この冬なんども確認したいと思います。

 やはり、色を判断するのには、倍率を下げる、瞳径を大きくとるのが、正解の様に思います。

レデュ-サ-からの距離を正立プリズムで大きくとり倍率を下げました。

複雑で、ちょと何倍になってるのかわかりませんが、40倍前後だと思われます。

双眼望遠鏡だと、もっとはっきり確認できるでしょう。
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ