宇宙は両目で見るのが一番

天体観測の醍醐味は、勿論、惑星観測もありますが、素晴らしい空での天の川下りにあります。白鳥座からいて座にかけての天の川、空が暗く、透明度がよければ、すばらしい眺めです。親子三人車を降りての第1声は、「 わ~!! 」 雲の様な、しかし濃淡があり、薄っすらと赤みを帯びた、子供にとっては見たことない雲でした。双眼鏡を手に、白鳥座からいて座にかけての天の川を散歩すると、星の大きさが異なるのに気がつきます。白鳥付近 グラニュ-糖の様な荒い粒の星が視野一杯、双眼鏡を南に向けていて座付近は星が粉の様に輝いてます。ガスかな?と一瞬思いますが、じっくり観測すると無数の星の集まりで、粉の様にみえます。 

天文学

「Livedoor」に来ました。

 これからも宜しくお願いします。

イメージ 1

    引っ越しが完了したみたいです。 機材は旧車?、旧赤道儀 タカハシの
   90Sです。1978年購入です。         遠征地でも宜しくお願いします。この旧式望遠鏡が目印です。    スマホ、タブレット、カメラが進歩しますので案外旧式でも楽しめ    ます。
    バランスウエイトはもうちょと小綺麗にしたいと思います。     ブログタイトルは「宇宙は両目で見るのが一番」です。    最初は自作双眼装置を目指していました。ニコンの双眼装置を手に入れ、作
   らずに済みました。
    
    最近、C11(シュミカセ)の直焦点撮影に嵌ってます。それも手抜きの
   自作モ-タ-ドライブノ-タッチ30秒露出です。
    思ったより写ります。HCG40も撮影出来、これからもボチボチ完成度
   を上げながら、色んな天体を撮影して行きたいと思います。

    
    無策で「YAHOO」ブログで頂いたコメント残せずに終わってしまいました。
   ご勘弁ねがいます。   
                                     
   

iphone本体のみで導入支援

本体のみで導入支援出来そうな雰囲気です。

イメージ 1

     最近仕事でiphoneを使う様になりましたが、センサ-の精度が使ってる
    タブレットと比較になりません。
     うまく使えば確実に導入支援に使えそうです。方位がちょっと不安定ですが角度
    センサ-は素晴らしい。

     昔の道具が蘇りますね。えらい時代になりました。

    今度一度実戦配備してみようと思います。
 
    近くの星に合わせて対象を導入する方法なら行けそうな気がします。
    
     また結果報告します。
                                  
   

今回は2連泊、昼間軽く散歩してきました。

展望台まで往復で3kmほど歩いてきました。

イメージ 1

イメージ 2

    今回は5月の10連休の後半で2連泊してきました。
   1日目の観望後、電気毛布で爆睡し、ちょと昼前に腹減らしに展望台まで散歩に
   行ってきました。 片道1.6km往復約3kmです。
    残念ながら、曇り空ですが、展望台の向こうは太平洋です。
    駐車場の近くに大台教会がありました。
    
    帰りの大峰山系です。良い天気で最高の景色です。  
    だんだん休みが多くなってきますので、連泊が多くなりそうです。                       
   
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ