宇宙は両目で見るのが一番

天体観測の醍醐味は、勿論、惑星観測もありますが、素晴らしい空での天の川下りにあります。白鳥座からいて座にかけての天の川、空が暗く、透明度がよければ、すばらしい眺めです。親子三人車を降りての第1声は、「 わ~!! 」 雲の様な、しかし濃淡があり、薄っすらと赤みを帯びた、子供にとっては見たことない雲でした。双眼鏡を手に、白鳥座からいて座にかけての天の川を散歩すると、星の大きさが異なるのに気がつきます。白鳥付近 グラニュ-糖の様な荒い粒の星が視野一杯、双眼鏡を南に向けていて座付近は星が粉の様に輝いてます。ガスかな?と一瞬思いますが、じっくり観測すると無数の星の集まりで、粉の様にみえます。 

3DCG

「blender」に嵌る毎日です。「X-Wing」作ってみました。

 年始めからほぼ毎日「blender」を触っています。少し慣れてきました。
xwing0701
  筒状、四角形に近い物は身近になってきました。
 宇宙ステーションとかは筒と箱の積み重ねなので、根気で勝負できると
 思います。
  最終的には愛車のモデルを作ろうと思っていますが、案外、車は
 大変です。処女作の「セリカXX」は最初から作り直そうと思ってます。
  絵にするのと3Dプリントするのではちょと違うようです。
 
 「セリカXX」、3Dプリントしましたが、まともに形になりませんで
 した。 
  それにしても「blender」凄いソフトです。FREEソフトです。
 モデリングからアニメ―ション、CG、動画編集までできます。
  機能が多い分、使いこなすのは大変です。 もうすぐ62歳なの
 で、1時間触ると眠くなってきます。
  
   


Blender でGIS「宇宙戦艦ヤマト」

 日本に帰ってきた「宇宙戦艦ヤマト」
yamato
「blender」で地形DATAを読んでみました。ビルのDATAも読めます。
 次は、関西人なので大阪城を周回する「宇宙戦艦ヤマト」それか
あべのハルカスを周回する「宇宙戦艦ヤマト」も良いかもしれません。
 こんなの弄り出すと歯止めがききません。面白いソフトです。


  

多少古くても2画面は快適でした。

息子の古いモニタ-を追加しました。
IMG_1840
 改めて2画面は便利です。作業が止まりません。
多少古くても十分使えます。フルHDではありませんが「YOUTUBE」
の動画の表示なので支障はありません。
 ソフトの使いこなすには講習動画を見ながらソフトを触るのが良いですね。
画面分割しない為、字も大きくなりますので、老眼の目にも優しいようです。
 今後、32インチの4Kモニタ-を買おうと思ってます。
画面も字も大きくしないといけません。

 手前のヘッドホン 1972年頃の製品です。まだ使ってます。
骨組みが金属製で壊れる所がありません。
 同年代の音響製品もありますが、子供には化石の様に見えているの
でしょうね。昔、学校の放送室にあった蓄音機を思い出します。
 

 
  


最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ