宇宙は両目で見るのが一番

天体観測の醍醐味は、勿論、惑星観測もありますが、素晴らしい空での天の川下りにあります。白鳥座からいて座にかけての天の川、空が暗く、透明度がよければ、すばらしい眺めです。親子三人車を降りての第1声は、「 わ~!! 」 雲の様な、しかし濃淡があり、薄っすらと赤みを帯びた、子供にとっては見たことない雲でした。双眼鏡を手に、白鳥座からいて座にかけての天の川を散歩すると、星の大きさが異なるのに気がつきます。白鳥付近 グラニュ-糖の様な荒い粒の星が視野一杯、双眼鏡を南に向けていて座付近は星が粉の様に輝いてます。ガスかな?と一瞬思いますが、じっくり観測すると無数の星の集まりで、粉の様にみえます。 

FS2020

名古屋空港を入れてみました。星も見えてます。(FS2020)

 力作ばかりです。作ってみたくなりますね。
名古屋空港
 Fs2020も時間と共にネット上で提供して頂けるシナリーが増え
てきてます。名古屋空港です。
 Fs2020本体も徐々に完成度が高くなり、加えてマニアがシナリ-
を作って「FREE」で提供していただけるので魅力倍増です。
 見慣れた景色がFs2020で再現されると、本物と勘違いします。
 始めは飛ばすのに精いっぱい!、操作を覚え、自動操縦も覚え
実機と同じ様に電源を入れ、補助電源を起動、管制塔と交信して飛行前
の作業を行います。やはり「VR」が欲しい! 没入出来ます。



 



 

精度の高い物が欲しくなってます。安価な物は再現性が無い。

 完全な自動操縦が出来ない・・・
再現性
 ほぼ毎日、FS2020を楽しんでます。一時はラダ-ペダルが欲しく
なりましたが、最近は別の物欲が、それはコントロ-ラ-の精度不足です。
 センタ-が出ない、ガタが大きいのです。自動操縦は機体の微妙なコン
トロ-ルを自動で行いますが、コントロ-ラ-の精度が悪く微妙なコント
ロ-ルを超えているのです。
 使っているとコントロ-ラ-自体はプラスチックで消耗品的な要素が大
きくガタが大きくなるのは仕方ないのですが、再現性のある精度の高い物
が欲しくなってきました。
 この辺を求めると、金額の桁が変わってきます。
 最優先は、グラボの交換RTX3070クラスの導入、VRゴ-グル、その次
にラダ-ペダルと思ってましたが、精度の良いコントロ-ラ-が優先の様です。

 FS2020は奥が深く泥沼に嵌りそうです。アップデートの度に魅力が増して
ます。巣ごもり生活ですが、飽きませんね! 
 でも来月は生の星空を見に山に向かいたいものです。

x56
 これが良さそうです。 老後はこれで楽しみます。

 

インテルUHDグラフィックス630でFS2020  何とか楽しめます。

 何とか楽しめる設定を模索しました。
FS2020設定
 グラボ無しでは最低の最低での設定に加えて解像度を落とします。
FS2020設定02
 FS2020の魅力は4Kの「ULTRA」設定でのグラフィックですが
RTX3070程度のグラボが必要となります。高値が続いてますので、
それはメインのパソコンで実現するとして、
 FS2020の魅力は他に実機に近い操作が出来ますので、サブの
パソコンはしばし操縦メインで楽しもうと色々設定を弄ってみました。
FULL HDは諦めて画質を(1440×900)まで落とすと何とか使える様に
なりました。
    お気に入りの飛行ルートは、現実ではありえない中部国際空港から
伊丹空港へのルートです。伊丹空港へはオ-トパイロットでIKOMA
32LからのILS進入になります。
 たまに乗る実機のルートになります。大阪城を横目に淀川を超え
新大阪を通過し伊丹空港へ着陸します。
 気象条件はライブが設定できますのでパイロットさんの苦労が良く
分かります。
 夏場は省電力のパソコンが良いですね。部屋が暑くならない。
  
 
最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ